燃焼工学研究室

担当教員:斉藤 寛泰 准教授

我々は燃料の燃焼により発生する熱を利用し、社会生活を営む上で必要なエネルギーの多くを得ています。しかし、燃料を「上手に」燃焼させることができなければ有害排気や騒音、低効率など、いろいろと不都合を生じることになります。本研究室では、特に液体燃料噴霧の燃焼を取り扱い、自動車や航空機、宇宙ロケット、ボイラー等の燃焼器を対象に、今後の排出ガス規制強化や燃料の多様化といった問題に対応できる燃焼技術に関する研究を行っています。

研究室のホームページへ

IconTheme
既燃ガスジェットによる液体燃料噴霧の着火および燃焼
水素添加が燃料噴霧の燃焼特性に及ぼす影響
粒子計測と微粒化促進法に関する研究
LoveLablab-love-saito本研究室では主に実験的研究を行います。自ら製作した実験装置で実験がうまくいったときは大変うれしいものです。想定外の実験結果を得るときもありますが、それは新しい発見につながることもあります。これこそが実験的研究の醍醐味といえるでしょう。研究室メンバー一丸となって研究に取り組んでいます。

学科公式サイト