Jabee 対応について

Jabeeとは

JABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education:日本技術者教育認定機構)とは、大学など高等教育機関における技術者教育プログラムの審査と認定を統一的基準に基づいて行うものであり、学協会を会員とする日本の技術者教育のプログラム認定を行う民間の任意団体として1999年11月に設立されました。そして、初めての非英語圏からの加盟団体として、2005年6月に香港で開催された第7回ワシントン・アコード総会において第9番目の加盟団体としてJABEE(日本)が承認されました。
この技術者教育プログラム認定の目的は教育の質を高め、わが国の国際的な同等性を確保することにあります。したがって、JABEEの審査を受け、社会の要求する水準を満たしていることが認定されれば、その教育プログラムは国際水準と認められたことになり、また、そのプログラム修了者は、国際的に通用する技術者に必要な基礎教育を完了したものと見なされます。

Jabee 認定コースを履修するには

機械機能工学科では,2004年度よりJABEE対応の教育プログラムとして
「応用コース」を設置しました. この「応用コース」は,2006年11月にJABEEの
審査を受審し2007年5月に認証されました. 2003年4月以降の入学生のうち「応用コース」を修了した学生はJABEE認定の修了生となります.
3年生進級時に学生は「基盤コース」と,進級条件のある「応用コース」を選択します.どちらも卒業単位数は同じですが,途中で基盤コースにはもどれません.「応用コース」は必修科目が多少多くなります.「応用コース」の大部分の科目が1,2年生で単位取得できますので,2年生までに「応用コース」に必要な科目を取得していれば,進級条件を満たします.
また,2015年度からは学科学生全員が応用コースを履修することになりました.

JABEE認定コースの履修生は以下の事項に示す「応用コース」の学修・教育到達目標を常に認識し,それぞれの科目に示す学修目標を達成しなければなりません. また,「応用コース」を修了するためには従来の卒業要件に加えて以下の要件を全て満たす必要があります. 応用コースのプログラムでは,次の(A)から(H)の8つの学修・教育到達目標を揚げ,これらを修得することを目標とします.

  1. 学科の教育理念に基づき,設計・実験および卒業研究を中核として,人間環境および感性をも含めた総合的な視点で問題を捉えて機械を創成できる基礎的な知識と応用能力を身につける.
    1. 与えられた課題に対し,自ら考え,調査・検討し目的を達成する能力
  2. 技術・工学が地球環境に与える負荷を十分認識できる基礎的知識と応用能力を修得する.
  3. 技術・工学が地球環境と生態系との共生・共存を無視して独走することがないように,「技術・工学が社会に果たす意味」を強く自覚するための基礎知識と総合能力を修得する.
  4. 技術・工学の根幹をなす「物質」,「エネルギー」および「情報」を基盤とした機械工学の基礎的な知識と応用能力を修得する.
  5. 機械工学における基盤分野の理解に必要な基礎的な数学の知識と応用能力,実験・分析の遂行に必要な確率・統計,情報処理の基礎的な知識や自然現象を数学的にモデル化し,シミュレーションする基礎的な知識と応用能力を修得する.
    1. 基礎的な数学の知識
    2. 実験データの分析能力
    3. 情報リテラシの修得
    4. 自然現象をモデル化し,シミュレーションする能力
  6. 科学的および工学的に思考し,与えられた制約の下で計画的に技術・科学論文を作成して表現できる能力を身につけ,さらに,総合的な観点から自主的,継続的に学修が持続できる能力を身につける.
    1. 技術・科学論文の作成能力
    2. 自ら継続的に学修する能力
  7. 技術的な討議や情報交換等のコミュニケーションが行える知識を修得する.
    1. 日本語による技術者としてのコミュニケーション能力
    2. 英語による基礎的なコミュニケーション能力
  8. 応用・体験教育科目において、自分と他社の役割を理解し、チーム目標の達成のために行動する.
JABEEのメリット

質の高い技術者基礎教育を受けたことが客観的に証明され、即戦力を期待する社会に自信を持って出ることができ、就職などあらゆる局面で認定プログラム修了者が有利な評価を受けることができます。

技術者の国家試験「技術士(Professional Engineer)」の第一次試験合格と同等とみなされ(一次試験免除されます)、直ちに修習技術者として実務修習を始めることができます。

学科公式サイト