ヒューマンマシンシステム研究室

担当教員:廣瀬 敏也 准教授

安全・安心な機械システムの構築は、人間と機械を別々に扱うのではなく,人間の特性と機械の特性を複合的に扱うことで実現します.それを『ヒューマンマシンシステム』と呼んでいます.日本における交通事故死亡者数は,減少傾向にあるものの依然として多くの人命が失われています.交通事故の対策として,運転者の安全運転を自動車が支援する『運転支援システム』があり,ヒューマンマシンシステムの考え方に基づき,運転支援システムの更なる高度化により多くの人命を救うことができると考え,システム構築やドライバの特性に関する研究などを行っています.

研究室のホームページへ

IconTheme

先進緊急ブレーキシステムに関する研究
車両後退時における衝突防止システムに関する研究
路車間通信を利用した出会い頭事故低減に関する研究
LoveLab本研究室では、ヒューマンマシンシステムの考え方を用いて安全で快適な運転ができる未来の自動車の研究を行っています.実験には,バーチャルリアリティの技術を用いて開発したドライビングシミュレータを使っています.研究室では,学生同士の交流も多く,全員で協力して実験・発表を行います.研究発表会の打ち上げやゼミ合宿などメリハリがあり、明るい研究室です.

学科公式サイト