知能機械システム研究室

担当教員:松日楽 信人 教授

知能機械の代表であるロボットの研究を中心に行い、新しいコンセプトの創出や、その実現、また、ロボット技術を用いて身の回りにある機械を高機能化することで社会に役立つ技術の研究を目指しています。この時に重要なことは、ロボットシステムのコンセプトをどう設計するか、さらに、ロボットは人を中心として機能するものであり、ヒューマンセントリック・ロボティクスとして常に考えなければいけません。何に役立つのか目的意識を持って研究を進めています。

研究室のホームページへ

IconTheme
人とロボットとの共存技術に関する研究
ロボットの機構と制御に関する研究
ユニバーサルデザインとロボットに関する研究
LoveLabこれまで企業で、電力保守、宇宙開発、医療、家庭、商業施設などいろいろな分野でのロボットシステムの研究開発を行ってきました。現在、ロボットの市場は大きくありませんが、これからの期待は大変大きく、ロボット技術の応用先は沢山あります。少子高齢社会で役に立つようなロボット技術の研究や新しいコンセプトの創出を一緒にやりましょう。あわせて、社会で求められている技術者となれるように、多くの議論をしていきましょう。

学科公式サイト